スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 成功哲学 > 「R25」のつくりかた [by 藤井 大輔 (著) ]

「R25」のつくりかた [by 藤井 大輔 (著) ]

2009-03-20
「R25」のつくりかた (日経プレミアシリーズ) 「R25」のつくりかた (日経プレミアシリーズ)
藤井 大輔

日本経済新聞出版社 2009-02
売り上げランキング : 2088
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2009/03/21

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『あのフリーマガジンの生い立ちは?』

   はじめにやったひとはすごいですから
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『業界常識』   『ウソをつかずにすむ質問』

 『素人な感覚』   『親近感、信頼感』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『これまでにない雑誌をどのように立ち上げたのか』
                              
   気をつけたことは?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『ウソをつかずにすむ質問を考える』
 ▼『ネタをだしてもらうために』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『ウソをつかずにすむ質問を考える』
  得られる答えは「問う側の質問の質」によって決まる
  ということはよく知られていることですし
  自明の理です。

  特に、相手が「何がほしいのか」「何を答えてほしいのか」
  を明確にわかっていないことをひきだそうと
  するときには、質問がどのレベルにあるのか?
  によって出てくる答えは違うわけです。

  そして・・・困ったことに人にはある習性があります。
  それは「見栄を張る」ということ(^^;;)

  たとえば、サラリーマンにインタビューしたときに
  「毎朝新聞は読んでいますか?」
  という質問をすると、ある一定割合で
  「日経新聞を読んでいます」という回答が返ってくると。

  本当は読んでいないのにです(笑)

  これはデキルビジネスマンならば「日経くらい読んでいるのが
  当たり前」という観念があって、
  自分がどう思われるかを気にしているからではないかと。

  そう考えると、相手に「ウソ」を答えさせるような
  質問をしては、いけないわけです。

  コンテンツを考えたり、なにか新しい企画をやりたい!
  というときに、読んでもらう方々に
  リサーチをするというところからスタートすると
  思いますが、実際に思っていることを引き出すにはどうするのか?

  それは「見栄」をはっている彼らと現実の彼らを
  つないであげるような企画ではないでしょうか。

  本著で、著者の藤井さんが挙げられている事例に
    新聞は読みたい。でもその背景知識が足りない
    インターネットでニュースは読めるが背景などが
    わからない消化不良感
  このギャップを埋めるような企画が!というのがR25の
  スタート段階での仮説だったそうなのです。

  この視点はとてもおもしろく
  雑誌作成に限らず、どんな場合でも適用できることでは
  ないでしょうか?
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『ネタをだしてもらうために』
  そんなこれまでにないコンセプトのフリーペーパー「R25」
  
  企画を作っていくのもとても大変だったと思い
  その当たりを興味深く読んでみました。

  当初、R25は一人の編集者でスタートした雑誌だったため
  外部の力を借りなければ記事作りができない状態。

  そのとき・・・何が問題か?というと
  「水面下の足の引っ張り合い」が発生するというのです。

  というのは。。。フリー方を集めて会議をするということは
  一般的な雑誌の報酬体系が「記事を書いたらいくら」であることから
  自分の企画が採用されるかどうか?というところに
  全力で集中してしまうため、いい企画だなーと思っても
  それを通してしまうと自分の企画案が通らないという事態が
  発生してしまうからというのです。

  すると一般的な雑誌ならば、では企画会議は内部のもので
  となるのかもしれませんが、一人しかいないのでそうもいきません(^^;;)

  
  そこで・・・どうしたのか?

  あきらめてしまうと、R25は日の目を見ません。
  ですから、著者の藤井さんは
    自分の企画を提案して通そうとする場にするからいけない
  と考えて、その構造を突き崩したのです。

  具体的には、ネタを出す人と、企画会議でプレゼンする人を
  わける。ネタを出す会議への出席にもきちんと報酬をだすと。

  言われてみればコロンブスの卵かもしれませんが
  「個々人の利得」と「雑誌という企画を成功させたい想い」を
  両立させるためには、既存の既得権を崩さないといけなかったわけです。

  実は・・・こういう構造になっているところは
  身の回りにたくさんあるのではないでしょうか?

  
  そこを打破できるか、安住してしまうかは
  ひとつのターニングポイントになると思います。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『お互いに幸せであるために考えてみる』
                              
   その結果、何かが生まれてくる
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 R25という雑誌は、初めて見たとき結構衝撃的でした。

 当時横浜に住んでいたので、もしかしたら
 テスト配布の時だったかもしれません
  (忘れてしまったのでうろ覚えですが・・)

 
 あるものと、あるものの間に生まれている「ギャップ」
 ここを埋めることができると、
 それは「ビジネスチャンス」になるということを
 あらためて実感しています。

 ちなみに・・・
 本著を読んで、駅の構内を歩くときに
 ボックスがよく目にとまるようになりました・・・(笑)

「R25」のつくりかた
「R25」のつくりかた

関連記事:


 

成功哲学の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.