スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 成功哲学 > 聖書に隠された成功法則 [by 松島 修 (著) ]

聖書に隠された成功法則 [by 松島 修 (著) ]

2010-02-24
聖書に隠された成功法則
聖書に隠された成功法則
サンマーク出版 2010-02-22
売り上げランキング : 2

おすすめ平均 star
star聖書をベース・性格診断・有名投資コンサルタントが筆者などユニーク
star本当の成功とは
star繰り返し読むことをお薦めします。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『歴史上もっとも売れたベストセラーから学ぶ』

   その法則とは?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『4つのタイプ』   『聖書は宗教書ではない』

 『阻む堕天使』   『神実現』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『聖書から学ぶべきコトとは?』
                              
   自分の特性は何だろう
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『神実現と自己実現の違い』
 ▼『小さいことに忠実になる』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『神実現と自己実現の違い』
  いわゆる成功法則と呼ばれるものはたくさんあって
  書店にいけば、その類の書がたくさん並んでいるのを
  みることができるでしょう。

  実際、このメルマガ【エンビジ】でもなんどもとりあげてきました。

  今回取り上げた本著がその類書と
  何が違うのだろうか?

  と考えてみたときに、一番キーワードとしてひっかかったのが

    自己実現と神実現

  という言葉です。

  
  本著はタイトルにあるように「聖書」から導き出される
  成功法則です。

  であるならば自己実現と神実現とは
  なにがちがうのだろうか?

  というと

   自己実現とは、自分で定めた目標を目指すこと
   
   神実現とは、すでに神があなたに与えている目的に向かって
   進むこと

  であると、本著で著者の松島さんはおっしゃっています。

  ということは、自己実現は今の時点で得ていないステイタスを
  獲得することを目指すのに対して
  神実現は、「本来のステイタスを回復する」ことだと。

  たしかに「自己実現」として本来の自分がやりたいことに
  向かっていればそれは幸せなのかもしれませんが
  それが違う方向に向かって進んでいくと
  苦労もするし、並大抵の努力では自分にとって満足する
  ポジションにたどり着けないのではないでしょうか。

  それが「本来の自分を回復する」という方向性で
  考えて行動してみると、本人としてはそれほど努力をしていない
  つもりでも、うまくいくということはあります。

  というか、努力をしているつもりがなく
  「自分」の元々の素質だからどんどん続けていくことができる。

  これを聖書からひもといてみると「本来の自分を回復する」
  神実現という言葉に集約されるのかもしれません。
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『小さいことに忠実になる』
  聖書の言葉として本著に下記の言葉がとりあげられています。

   小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、
   小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。

  細かい事を適当にやってしまうような人は、大きな事も
  ちゃんとできませんし
  目下の人に乱暴な人は、目上の人にちゃんとしているようでも
  人間性がどこかであらわれてしまう。

  そういう意味だと思うのです。

  
  よく、自分の実績をアピールするために

    ○○を実現しました!○○さんをプロデュースしました
  
  と宣伝をされている方をお見かけしますが
  よくよくちゃんと調べてみると「あれ??」
  と思うような出来事ってないでしょうか?

  それがもしばれてしまうと・・・
  他の事に関しても信頼度が下がってしまいませんか?

  たしかに、自分を謙遜がすぎて卑下してしまう事は
  よくありませんが、等身大以上に大きく見せてしまう事は
  どこかでばれてしまって
  せっかくの信頼を損なってしまう事に他なりません。

  逆に、ちゃんと実績を積んできた人は
  それを大きくアピールしなくても、周りから自然と声が
  かかるようになっていきます。

  ただ待っているだけでは、せっかくの実力が
  世界から見ればうもれてしまうという損失ですから
  適切にアピールしていかないといけないのですが・・・

  と私のブログを見ている知人から突っ込まれた事は
  ないしょです(笑)

  自分の事は自分が一番よくわかってないのですから・・・
  

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『小さい事にも忠実にあり続ける』
                              
   ワクワクする事は方向性としてただしい
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 本著の著者、松島さんは
 FX(外国為替証拠金取引)という言葉が知られていないころより、
 FXの将来性に目をつけ、紹介していたことから
 「FXの伝道者」とも呼ばれている方。

 私も何度もお会いした事がありますが
 物腰柔らかな中にも、実力者だなーと感じる事がしばしばでした。

 そんな松島さんが、「聖書」という
 手引きを持って行動されているのを知ったのは、本著を知ったのがきかっけ。

 本著における4つのタイプを判断する
 便利なサイト「気質診断」もここからリンクされています。
 http://www.enbiji.com/j/matsushima.html

 「鷲」「ライオン」「雄牛」「人」

 どれにあてはまるにしても、
 どれであるか?を認識しておくことがその後の行動を
 決めていくときに大事ですからね。

聖書に隠された成功法則
聖書に隠された成功法則

関連記事:


 

成功哲学の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.