スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 成功哲学 > 中国古典からもらった「不思議な力」 [by 北尾 吉孝 (著)

中国古典からもらった「不思議な力」 [by 北尾 吉孝 (著)

2007-05-05
中国古典からもらった「不思議な力」 中国古典からもらった「不思議な力」
北尾 吉孝

三笠書房 2005-07
売り上げランキング : 538
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/05/07

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『北尾さんを知ってみたい。』

   SBIホールディングス代表の北尾さんの源は?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『自信』   『運を強くしろ』

 『人生の五計』   『策に三策あり』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『みなぎる自信と実力の源は?』
                              
   どんなバックボーンをお持ちなんだろう。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『自信を持つ!』
 ▼『運を強くする』
 ▼『先見性-常に3年後を見る』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『自信を持つ!』
  絶対にうまくいく、その自信の源は?
  
  というところから本著は始まります。

  
  まるるちゃん自身も、「最終的にはなんとかうまくいく」
  という漠然とした自信を持って、人生を送っていますが
  あくまで「漠然」としているために、それぞれの局面に
  おいて「自信」を持った行動が取れていません。

  では、北尾さんの自信の源ってなんなんでしょうか?

  その紹介をしていく際に本著でまず触れられているのが
  「伝統的な儒教的精神」
  
  儒教と聞いて、もしかしたら知らないというかも
  しれません。まるるちゃん自身も「論語」とか「孔子」
  というキーワードが浮かんできますが
  あくまで漠然としています。

  すべてを説明することはこの【エンビジ】の短い中では 
  できませんが、端的に表している精神として
  論語とは「人間、いかに生きるべきか」という問いに答える
  実学・活学であると北尾さんは考えています。

  人間の生活の質が良くなったり、着ているものが
  良くなったとしても、人間性に大きな変化があるわけではない
  だからこそ、昔の摂理や心理は今でも十分に通用するということです。

  本著で取り上げられている言葉に「道徳経済合一説」というものがあります。

  これは営利の追求も資本の蓄積も、道義に合致している
  そのような精神を根本に持っているからこそ
  「自信」が生まれるということです。

  北尾さんの倫理的価値観は次の3つで表されるといいます。
  「信」「義」「仁」
  すべて論語からの言葉です。

    信:約束を決して破らない
    義:正しいことを行う
    仁:相手の立場になって物事を考えること

  この3つがデキル人はなかなかいませんが
  逆にもしそんな人がいたら、相手のことを信頼しようと
  思いますよね?

  少なくともまるるちゃんならば信頼しちゃいます(笑)

  
  と考えると、基本的な支柱を持っていることが
  自分自身の自信につながり
  その基本的支柱が、周りから支持されるものであれば
  自分の自信がさらに加速していく。

  そんな正の循環の関係にあるのかなと思いました。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『運を強くする』
  さて、このような正しいことをするだけで
  人生に成功するのか?

  というとそれだけでは足りないのではないかと
  北尾さんもおっしゃいます。

  何が足りないのか、正しいことをした上で
  何をしていけばいいのか?
  ということを本著の本論にて述べられているのですが
  その4つのすべてを取り上げることはできないので
  ご興味のある方は本著で確認してください(笑)

  
  まるるちゃんが気になった一つめの要素は
  「運を強くする」ということ。

  人生には「運」というものがつきものですが
  運には2種類あるといいます。

  「天運」と「人運」です。

  前者は、神様が決めることであり
  #ここでは神様が何?とかいうのはなしで(^^;;)
  例えば「性別」「どこの国に生まれる」など
  基本的に人がどうこうできるものではない運のことですね。

  逆に後者は人の努力や生き様によって
  いかようにも変わってくる運です。

  この「人運」を強くできるかどうか?
  ということは自分自身の人生の成功にとって
  大きなキーファクターではないでしょうか。

  北尾さんは運を高めていく方法の一つとして 
  「継続は力なり」ということを考えていらっしゃると
  おっしゃいます。

  継続して「なまける」ということではなく(笑)
  継続して「修練していく」ということが
  その成果として運を強くするということです。

  その一例として日々、「当事者になりきって考える
  トレーニングをする」とおっしゃいます。

  何か毎日目聞きしたりする出来事から
  「自分がその立場だったらどうするだろう?」
  と考えるということです。

  常に当事者意識をもって日々の出来事に接するということ。

  ちょうど本著を読んでいるときに届いたメルマガに
  書かれていたのが、都知事選について触れたネタで、

  > これだけ大きなイベントがあって、何も考えず、何も学ばず、
  > ましてや何も自分のビジネスに生かそうとしないなんて、
  > バカ以外ではないですからね。

  
  木坂さん、まるるちゃんが読んでいた本を
  どこからか覗いていました?(笑)

  どんなことであっても
  自分なりの結論を出すことができるなら・・・

  その思考訓練は必ず、大きな果実となって
  自分の元に返ってくると思うのです。

  例えばビジネス。
  自分がやろうとしていることに
  少しでも似た何かを誰かが始めたとしたら・・・

  Watchする価値は必ずあります。

  だって、自分のに少しでも関連があるのですから
  自分の代わりに試行錯誤してくれる人がいるんですよ。

  そう考えたら、ゴルフのグリーンで
  自分のラインとほぼ同じラインを先にパターしてくれる人を
  見ない人がいないのと同じように
  参考にならないわけがないのですから・・・。

  って、ゴルフはやったことがないまるるちゃんは
  完全に受け売りですけどね、これ(爆)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『先見性-常に3年後を見る』
  世俗的な成功をつかむために必要な素質の
  1つでまるるちゃんが取り上げたいと思ったのが
  リーダーとして求められる資質。

  その中の「先見性」です。

  リーダーである以上、今をがんばるだけでは
  その役割としては不足で、常に未来のことを
  考えていないと行けません。

  未来って事は50年後くらい先のことを
  考えるのか?というと考えても良いですが
  50年後に予想通りの事が起こることはまずないでしょう。

  タイムマシンでも持っていない限り(笑)

  逆に50年後の未来が予測できる人は普通の人ではなく
  「狂人」として周りから遠ざけられることになると思うのです。

  北尾さんがおっしゃる先見性は
  常に「3年後」をみて行動するということ。

  事業に限らず、家のこと、家族のこと
  どんなことであっても行動をして結果を出すためには
  必ず必要なものがあります。

  それが「準備」と「計画」。

  準備をするためには当然ですが時間が必要です。
  特に大きな事を成し遂げようとするならば
  より必要になります。

  そのためには・・・その時間を考慮した分の
  未来を見通す力=先見性が必要なのですね。

  先見性を持つためには、まず知識を持つこと。
  現代の知識だけではなく、本著にあるように
  時代を生き残ってきた「古典」「歴史」に学ぶことが
  まず第一。

  で、その知識を自分なりに消化して「見識」と
  することができるのが第2段階。

  でも見識だけでは評論家ですから、これに
  行動力を伴わせることが出来て「胆識」となると
  北尾さんはおっしゃっています。

  そういう意味で、まるるちゃんみたいな若造は
  まだまだ勉強しなくてはいけないと常々思っていますし
  勉強だけではなく、現在持っているもので
  微力ではあっても行動を続けていこうと。

  そんな風に思うわけです。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『徳を積み、強くなる。』
                              
   強いだけで駄目だ。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 今日のメルマガを書く前に、本著の著者、北尾さんの
 インタビューDVDを見ていました。

 本著に冒頭にあるように、「とても強そうに見える」北尾さん。
 おっしゃることにエネルギーが入っているのに加えて
 本著で触れられている言葉がふんだんに出てくる。

 つまり一本の軸を自分の中にもっていらっしゃることを
 強く感じました。

 本を読んで、そのまま音声や動画を見ると
 入ってくる「量」って違いますね。

 ひさしぶりにほぼ同時にこういうことをやったので
 あらためてそのすごさを感じました。

 
 五感のたくさんの部分を刺激するから
 書籍だけじゃなく、DVD、それだけじゃなくライブのセミナーと
 いろいろと参加してみたくなるんだなと。

 ただし・・・参加する・見る・読む「だけ」では
 「知識」を増やしたに過ぎないですから
 その中の一つでも良いから、実行のステージまで
 もっていかないといけませんね!

中国古典からもらった「不思議な力」
中国古典からもらった「不思議な力」

関連記事:


 

成功哲学の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.