スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 成功哲学 > 「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー [by 土井 英司 (著)

「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー [by 土井 英司 (著)

2007-04-26
「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー 「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー
土井 英司

草思社 2007-04-17
売り上げランキング : 11
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/04/26

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『成功する5%になるためには?』

   知識があり、かつ行動する人は5%にすぎない・・
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『仕入れできまる』   『トコトン安く売る』

 『キャッシュに換える自信』   『教育ATM』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『最強の自分を作り出すには?』
                              
   ゴールを設定してからの行動は?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『あえて安く売る』
 ▼『人生は仕入れで決まる』
 ▼『わらしべ長者を目指す』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『あえて安く売る』
  自分の値段は自分でつける!

  と土井さんはおっしゃっています。

  
  就職したり転職したりするとき。
  もしくは何かアルバイトをしようと面接に行くとき。

  給料や時給が気になりますか?

  少しでも高い給与をとりたいという気持ちは
  よくよくわかります。

  でも・・・ちょっと考えてみてください。

  逆の立場の経営者やマネージャーからすれば
  支払っただけの給与に見合うくらいの働きをしてもらわないと
  費用対効果があわないことになりますよね?

  となると・・・高い給与をもらうということは
  その分だけ「こき使われる」可能性が高くなるといえます。

  「まだコストにあわないな」と思われたら
  雑用をどんどん押しつけられる可能性もありますし
  営業をもっとしろ!と発破をかけられることも・・・

  ところが・・・逆に「お買い得だ!」と思われるような
  価格であれば、多少失敗しても目をつぶってもらえます。
  ということは自分なりのやり方で「チャレンジする!」
  ということもできるわけです。

  そして・・成果を出していった結果
  すごい成果を出す人に成長してしまえば
  「いくら積んでも手放したくない!」と経営者が思うようになり
  その後のリターンはどんどんすごいことになります。

  そしてもし気に入らなければ
  自分から飛び出していってもあなた自身に「価値」がありますから
  新しい新天地も見つかりますし
  独立することだって出来るかも知れません。

  すべてにおいて「自分自身に付加価値があるかどうか」に
  よって決まるのです。

  冷徹なようでもありますが、今の資本主義の世の中
  すべては「需要と供給」の関係できまります。

  自分に付加価値がないのであれば、需要に対して供給が勝っている
  市場ですから、買い手にとって「お得!」と思ってもらえるような
  行動を取らないと、そこからいつまでたっても
  脱出できないというわけですね。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『人生は仕入れで決まる』
  さて、付加価値を高めなさい!と
  言われてもどうすればいいのか?ということに次は
  なるかもしれません。

  そんなことないよ、わかってるよ
  というあなたは【エンビジ】を読んで長いのかも(笑)

  そうです。付加価値というアウトプットを高めるためには
  それに見合うだけのインプットを高めなくてはだめなんですね。

  
  土井さんはこれを「人生の仕入れ」という言葉で
  表現されています。

  人生の仕入れをするためには、自分から対価となるものを
  費やさなければなりません。

  自分の「お金」か「時間」を使わないと
  仕入れることができないのです。

  例えば、資格試験を受けて「資格」という付加価値を得るためには
  2つの方法がありますね。

  1つは独学で「自分の時間」をつかって勉強していく方法。
  もう一つは先達のノウハウ、例えば資格塾などを
  受講して「お金」をつかうことで合格までの道のりを早める方法。

  どちらにしても、仕入れをすることで、その結果「資格」という
  アウトプットを得ることができるわけです。

  自分がいる業界において、「人生の仕入れ」をしていくことで
  矛盾に感じることや、問題点を発見できたとしたら・・・

  それはラッキーです。
  そこに参入することもできますし、自分が仕入れをきちんとし続けて
  いれば、あなたが「革命を起こす」という信念を持って
  入っていくことができるからです。

  土井さんは、ビジネス書を1万冊読むというバックボーン。
  そして編集者・ライター・amazonのバイヤーという形で
  「出版業界」での「仕入れ」をたくさんされてきました。

  そして、自分自身が感じる問題点を
  打破すべく、独立されて出版界に殴り込みをかけたのです。

  これもそれまでの「仕入れ」を愚直にされてて
  失敗も自身のデータとして蓄積されてきたからこそですよね。

  「短期間で成功する」「素人でもできる」
  という言葉が氾濫している世の中ですが
  気がついて欲しいのは「誰でも出来る」=「誰もがまねできる」

  という厳しい競争に巻き込まれるという負の側面です。

  そんな業界に「仕入れ」をたくさんしていて
  付加価値が高い人がいたら・・・・
  あなただったらその人とビジネスをしたいと思いませんか?

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『わらしべ長者を目指す』
  自分自身の付加価値が高いと言うことは
  とりもなおさず「自分自身が希少品」となれることに
  他なりません。

  そんな「希少品」となるためには・・・

  自分自身にふさわしい「自己投資」や「活躍する場所」を
  発見しないといけないのですが
  さて、その方法は?

  というと、キーワードは「わらしべ長者」です。

  わらしべ長者の物語を知らない方はいないかと思いますが
  注意して思い返してみると、
  彼の行動に「ジャンル」の一貫性はありますか?

  
  ないですよね。そのときそのときに
  自分自身が「興味を最も持ったもの」や「ここなら
  自分の力が発揮できるかも」と思ったところに
  次々と乗り換えていって、最終的に「長者」となりました。

  これを自分ブランドに置き換えてみると・・・

  そのときそのときに、一つのことをやりきったら
  「そのときにやりたいことをやる!」という
  視点で進んでいくと言うこと。

  一つのことに「凝り固まって」いては
  実際に興味を持っていることにたどり着けない可能性が
  あるからです!

  では「一貫性」という軸がないのか?といえば
  そうではなく

    自分の「好き」と「嫌い」という明確な評価軸

  を元に行動の方向性を決定していますから
  あなたらしさ!というものは失われていません。

  この「あなたらしさ」というものが
  言語化されたとき、はじめて「ライフワーク」として
  取り組む自分の思想・信念を他の人に伝えることが
  できるようになる。

  それを学ぶことができました。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『仕入れにどんどん投資する』
                              
   それがやがて血となり肉となる
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 ちょうど昨日、著者の土井さんのセミナーに参加してきました。

 なのでこのタイミングで新刊の土井さんの著書を
 紹介させていただいているのですが
 懇親会の際に、直接取材させていただきました(笑)

 「自分マーケティング」という意味で伝説の社員になっていく際に
 最も大事なことの一つに、3つめに取り上げた
 「自分らしさ」というものがあります。

 まるるちゃんの場合、自分のライフワーク。生涯をかけて
 やりたいことは「○○」です!と言葉にすることが
 現時点ではできていません。

 それを探すために活動しているのではないか~と思っているのですが
 逆に見つかってないがために「自分なりの軸」というものが
 ないのかな~と誤解していたのですが
 土井さんから、ばっさりと(笑)「そんなことはないですよ」
 と教えていただきました。

 それが「好き」と「嫌い」を明確に分けて
 行動を選択していくと言うこと。

 自分の本心から好きと嫌いを選択しているわけですから
 自分自身の評価軸をそのまま使っているわけです。

 
 ですから、現時点ではそれが「言語化されてない」という状態なだけで
 行動を続けていくうちに、言語化できるときが来るはず。

 
 今はそのために、自分自身の行動をたくさんする。
 自分への投資もする。

 そのように心を決めることができた1日でした♪

 P.S.
 さすが「直球勝負」「素直」で「毒舌な」土井さんです(笑)

「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー
「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー

関連記事:


 

成功哲学の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.