スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 成功哲学 > わが子を強運にする51の言葉 ビジネスの成功者が娘に遺した人生の極意 [by 山下 真奈 (著)

わが子を強運にする51の言葉 ビジネスの成功者が娘に遺した人生の極意 [by 山下 真奈 (著)

2007-02-15
わが子を強運にする51の言葉   ビジネスの成功者が娘に遺した人生の極意 わが子を強運にする51の言葉 ビジネスの成功者が娘に遺した人生の極意
山下 真奈

祥伝社 2007-02-08
売り上げランキング : 70
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/02/21

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『ビジネスの成功者の遺した言葉は?』

   51の言葉が輝いています。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『有言実行』   『お金儲けは簡単や』

 『人間の器』   『シンプル!』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『自分にぴんとくる言葉は?』
                              
   これだけきら星のように並んでいるとたくさんありそうです
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『毎日進歩せにゃもったいない』
 ▼『お金儲けはかんたんや!』
 ▼『人の器は他人が決める』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『毎日進歩せにゃもったいない』
  本著のいきなりの冒頭、前書きからの言葉です。

  人生は複利計算。ほんのちょっとずつでもよいから、
  毎日進歩せにゃもったいない

  著者の山下さんが本著を出すことになった際に
  一番初めに浮かんだお父さんの言葉だったそうです。

  「時間」を自分の味方につけられるかどうか?
  これをまず、わかっているかどうかは
  まるるちゃんを含めた自分の力を決定づけます。

  そして、わかっているだけじゃなくて、できているかどうかは
  余計に自分の成長を決めると言っても過言ではないでしょう。

  「時間」だけはみんな平等に24時間しかありません。

  ありませんけども・・・・・

  使い方によってはその結果は大きく変わってくるんですね。

 
  自分が不得意なことであれば、その不得意なことを
  他の方に「委任」して自分の得意なことに集中するのも 
  とっても大事な【複利】の効果ではないかと
  最近、まるるちゃんは思っています。

  お金を大事に思ってばかりいると、人にお願いすると言うことが
  なかなかできずに、どうしても自分だけでやろうとしてしまいます。

  どれだけ、他の人に任せることができるか?
  というのも大きな能力だ・・・と最近痛感しています。

  なぜ?
  
  うまくいった「委任」と、なかなかうまくまわらない「委任」の
  両方を経験してきているからです(爆)

  うまくいった「委任」は、複利の効果も相まって
  とてつもないアウトプットをだしてくれそうな「予感」がしています(笑)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『お金儲けはかんたんや!』
  これだけ聞くと、「だれでも素人でも楽に儲けられる?」
  という方向に誤解してしまいそうですが・・・・

  「簡単」という言葉にはちゃんともう一つの意味がありますね。

  楽に儲ける=easyということになりますが
  そうではなく、この簡単は・・・

    シンプル!

  という「簡単」です。

  お金儲けは、「お金の流れ」が単純かどうか
  つまり、「お金の流れを邪魔しない」ということが
  その成否に大きく関わっているということなのです。

  誰にもわかりやすく、その価値が理解されていれば
  誰もが喜んでお金を払いません?

  「お金を払うのは嫌だ」とみんな言いますが
  まるるちゃんが最近思っているのは
  「価値があるものに対しては喜んでお金を払う」
  というのが今の流れなのではないか?

  ということ。

  だって、「ほしいもの。価値を感じるもの」が
  あれば、売ってないというものでも、手に入れたくなりません?

  自分にとって「お金」という価値と
  それを比べたときの提供される価値が
  お金よりも勝っていれば、絶対にそちらの方がほしいですから。

  
  そのための秘訣が「シンプル」にお金の流れを
  作り出せるか?ということなんですね。

  本著では「空いた時間は社員のことや次のことが考えられる」
  と書かれていますが、まさにその通りです♪

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『人の器は他人が決める』
  お金を稼げるようになるためには
  【自分の器を大きくしなくてはいけない】という言葉を
  聞いたことがありますか?

  お金というものを受け取るときに、その器が小さくては
  せっかく渡してくれたものを受け取れないと言うことでも
  あるのですが・・・

  では、この【器】ってどうやって計るんでしょうか?

  自分で計ろうとしても目に見えるものではないですから
  わからないですよね。

  そこで本著の言葉は
   「人の器は他人が決める」
  とあります。

  どういうことかというと、人の器は
  外見とかではなく、
  何か物事が起こったときの対処するときの判断・行動に
  よって決まる。ということなのです。

  ということは、、、その判断・行動を他の人が評価して
  皆が判断すると言うこと。

  みんなが評価して
  「この人にはもっとお金を払いたい!」と思うだけの
  価値を感じて、初めて「器」にたいしてお金が流れ込むのです。

  ということは器を大きくするためには
  自分がそれに見合うだけの価値を提供できているか?
  ということを常に反芻しないといけませんし

  また、お金では買えないものを自分がもてるように
  常に努力を惜しまないようにしないといけません。

  短期間で一瞬だけ稼ぐということは実は
  そんなに難しくありません。

  適当に明るい話題、儲かりそうな話題と
  表面だけは信頼できそうな雰囲気をつくり出す。

  そしてお金を持ってトンずらする、そんな詐欺師が
  後をたたないのも、「短期的に稼ぐ」ことが
  難しくないことの証左ではないかと思うのです。

  でも・・・・末永くビジネスを続けて行くには
  「器」を大きくする努力を怠ってはいけないのでは
  ないか?

  それが、「自己満足」ではなく
  他の人が決める!と思っていれば
  自然と自分を鍛え上げていくことに力を注げる気がします。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『人の器は他人が決める』
                              
   自分の行動は必ず周りが見ている
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 本著には51の言葉がつづられていて
 どれも星のようにきらきら輝いています。

 どの言葉が今のまるるちゃんに反応するんだろうか?
 と思いながら本著を読んでいましたが
 時間がたってから読み直すと、また新しい発見が
 あるんじゃないか?そんな風にも思っています。

 どのビジネス書でもそうですが、読んでいるときの
 まるるちゃんも含めた読み手の気持ちって
 拾い上げてくる【キーワード】に思いっきり影響しますね。

 目的意識を持って読書をしているからこそ
 余計にそうだと思いませんか?

 本著は文庫本のサイズなので、持ち運びも楽だし
 携帯もできちゃいますが、まるるちゃんとしては
 しばらくベットの枕元におきながら、
 寝る前に読み返してみたい本の1冊になりました。

 今、枕元に置いてある
  ○【携帯版】思考は現実化する
 �http://amazon.co.jp/o/ASIN/4877711341/maruruchan-22/ref=nosim
 と一緒に読んでいこうと思います。

わが子を強運にする51の言葉 ビジネスの成功者が娘に遺した人生の極意
わが子を強運にする51の言葉 ビジネスの成功者が娘に遺した人生の極意

関連記事:


 

成功哲学の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2018 <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.