スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 成功哲学 > ビジョナリービジネス 明確なビジョンを描けばビジネスは必ず成功する [by マーク・アレン (著), 和仁 達也 (翻訳)

ビジョナリービジネス 明確なビジョンを描けばビジネスは必ず成功する [by マーク・アレン (著), 和仁 達也 (翻訳)

2007-03-31
ビジョナリービジネス 明確なビジョンを描けばビジネスは必ず成功する ビジョナリービジネス 明確なビジョンを描けばビジネスは必ず成功する
マーク・アレン 和仁 達也

総合法令出版 2007-02-23
売り上げランキング : 964
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/04/03

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『明確なビジョンの力は?』

   どういう結果を生み出すのだろうか?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『スッキリ先まで』   『会社の利益』

 『儲けたい理由』   『導かれる』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『創業時にやるべきことは?』
                              
   どこを優先しましょうかね。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『船の航海図-ビジネスプランが必要』
 ▼『会社の利益を最優先に-金のガチョウ』
 ▼『星を持ち歩いてみよう。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『船の航海図-ビジネスプランが必要』
  会社を創業して、スタートしていくとき
  何を感じることが多いか?というと

     不安

  ではないでしょうか?

  今までなら従業員として、指示された方向を向いて
  業務にいればよかったのが
  360度自分の好きな方向に進める反面
  どこへ向かったら安全なのか?自分のビジネスがうまく
  回っていくのか?というところに
  全然自信が持てないですからね・・・。

  船が大海原を進もうとしたとき・・・・
  必要なモノはたったの2つ。

   【航海図】と【GPS】

  昔ならGPSは羅針盤だったかもしれません。

  つまり、自分が一体どこにいるのか?
  そしてどの方向を目指しているのか?ではないでしょうか。

  会社にとっての「航海図」は会社のミッションステートメント
  であると本著では語られています。

  航海図、つまり先々の方向に何があるか?
  ということをわかっているといないとでは、自信に大きな差が
  でますよね。

  真っ暗闇の中だと足がすくんでなかなか歩けない道も
  陽がさんさんと降り注いでいれば遠くまで見通せて
  気持ちよく歩けるのですから。

  
  「この会社で何をやっていきたいのか?」

  すぐに答えがでないかもしれませんが
  今の時点での漠然とした考えでも、持っているか持っていないか
  によって大きな差が出てくると思います!

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『会社の利益を最優先に-金のガチョウ』
  起業して、ちょっとビジネスが回り始めると・・・

  いきなり車を買ってしまう人がいます(笑)
  外車とか・・・・

  逆に、会社が傾きかけてきた~やばい!

  というにもかかわらず、会社から受け取るモノは
  削減したくない!という経営者がいたりすると・・・

  会社というものがどんなものなのか?を
  もう一度考え直してみませんか?

  会社=現金製造機=キャッシュマシーン
  という言葉は断定的すぎるかもしれませんが
  このような発想があれば、
  そのキャッシュマシーンを大きくしたい!とか
  壊れそうになっているならメンテナンスしよう!
  と思いませんか?

  だってキャッシュマシーンがなくなってしまったら・・
  2度とそのマシーンからお金を獲得することが
  できないのですから。。

  つまり、「金のガチョウ」を殺してしまってはいけない
  大切に育てよう!ということなのです。

  起業時では、そのキャッシュマシーンは
  まだまだ大きくできる可能性があります。
  そしてそのためには資金投入が必要なことがほとんどです。

  ですので、生活に必要な資金以外は
  できることならば「再投資」に回した方が絶対に賢い。

  この再投資でも回しきれない!というお金がでてきてから
  自分のお金として消費をしてもいいのではないか?と
  思うわけですね。

  ただ、起業した時点のスモールビジネスでは
  起業家自身の体も重要な会社の構成要素。

  ですから私たち起業家が
  心地よいマインドでいられるような投資や
  セミナーなどに参加することによって
  自分自身を高めていく投資は大切な【再投資】では
  ないでしょうか・・・。

  と、、セミナーの参加しすぎの言い訳をしておきます(笑)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『星を持ち歩いてみよう。』
  ところで、あなたがビジネスをやっているとしたら・・

  お金を稼ぎたい理由は何ですか???

  こんな質問にどう応えます?

  まるるちゃんは・・・・自分の好きなことを実現するための
  制限をなくしたい!

  かな。

  例えばセミナーに参加したりするのも
  費用がかかりますよね。

  参加したいのにできない!という理由に
  お金というモノを入れたくなかったのです。

  だから、お金を儲けたいと。

  そんな望みを星の形にして
  書き出してみよう!と本著の中では提案されています。

  そのやり方は・・・まるるちゃんが説明するよりも
  本を読んでもらった方が確実に早いので
  譲ることにしますが、この星を常に持ち歩いて
  見るようにする。これが力になります。

  自分の得たい夢を書き出したり
  張り出したりして、それを常に目で見るようにするといい
  ということは自己啓発ではよく言われることですが
  持ち歩くというのもその観点からすると
  かなりいいこと。

  2年ほど前に「金運が良くなる」というお守りみたいな
  紙をもらってそれを財布に入れ続けていたら
  ホントよくなりました(笑)

  思いこみ=意志の力を強くするために
  最適なのかもしれませんね。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『星を持ち歩いてみよう』
                              
   常にそばにもっているからこそ。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 さきほどの「お守りみたいな紙」は
 サイフの札入れにいれていましたが
 何度もサイフにお金が出たり入ったりしたせいか
 紙がぼろぼろになってしまって先日お役ごめんになり
 棚に大事にしまってあります。

 その後釜として「星」をいれるのもいいかもしれないな~
 と本著を読みながら思っていました。

 会社を大事にする=金のガチョウを育てるというのは
 あたりまえのことかもしれません。

 そう、一歩下がってみていると当たり前のことなんですが
 なぜかそれが自分がその立場になってみると
 できなくなって問題を抱えてしまうんでしょうね。

 まるるちゃんの場合、根が石橋を叩いて渡るタイプなので
 金のガチョウを殺してしまわないように!と
 常に心がけてしまっています。

 
 石橋を叩くのは良い面もある反面
 悪い面もありますから、注意していかないといけないな~とは
 思ってます。

 まずは、輝く星を財布にかな(笑)

ビジョナリービジネス 明確なビジョンを描けばビジネスは必ず成功する
ビジョナリービジネス 明確なビジョンを描けばビジネスは必ず成功する

関連記事:


 

成功哲学の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2018 <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.