スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 成功哲学 > レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術 [by 本田 直之 (著)

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術 [by 本田 直之 (著)

2007-08-02
レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術 レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
本田 直之

東洋経済新報社 2007-06-29
売り上げランキング : 40
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/08/06

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『無限大の成果を生む方法とは?』

   一つの行動が、さまざまな成果を生み出すために
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『DMWL』   『二毛作』

 『時間の固定費』   『コントリビューション(貢献)』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『レバレッジの効いた投資の思考は?』
                              
   自らの行動のどこにレバレッジを効かせるか?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『DMWL-Doing more with less』
 ▼『時間の固定費を削れ!』
 ▼『事前準備でインプット』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『DMWL-Doing more with less』
  「DMWL」という言葉を見たときに
  いったいなんだろう?と思ったのはまるるちゃんだけでは
  ないと思います(笑)

  より少ない投資で、よりたくさんのものを行うこと。
  【Doing more with less】の頭文字をとったものなんです。

  投資するモノは「労力」だったり「時間」であり
  獲得するのものは「成果」です。

  このような発想を持っているのであれば
  何をつくり出さないと行けないか?というと【資本】となるもの。

  投資をやっている方には重々承知なことだと思いますが
  元手となる資産の多寡はその投資行動に大きな影響を与えます。

  100万円の利益を出したいとき、元手が100万しかなければ
  利益率100%とうとんでもないハイリターンが求められますが
  元手が1億円あれば、1%ですから、
  定期預金並みのリスクでOKなわけです。

  
  さて、DMWLを実現するために必要な
  4つのパーソナルキャピタルとして、本多さんは
  以下のものを投資対象としてあげられています。

   労力・時間・知識・人脈

  この4つの駆使して、いかにしてレバレッジの効いた
  成果をあげることができるかを考えるのがDWMLなわけです。
  

  今回の【エンビジ】の紹介ではその4つすべてを紹介していくことは
  スペースの関連でできませんが、気になったキーワードから
  ひもといていこうとおもいます。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『時間の固定費を削れ!』
  固定費とは・・成果や売上にかかわらず
  必ずかかってくる経費のことです。

  店舗運営であれば、店舗の家賃や
  光熱費の基本料金部分などは、例えお店を開かなくても
  加算されていきますよね?

  私たちの生活もそう。
  毎日ルーチンとしてやらなくてはいけないこと。
  睡眠だったりするかもしれないし
  一人で食べる食事だったりするかもしれません。

  なにを固定費と考えるか?というと
  その行動をすることによって成果が得られなくても
  しないといけないこと。これは人それぞれ違いますからね?

  
  固定費を削れ!というからには
  「寝るな!」ということか??というとそんなことはありません(笑)

  そうではなくて「二毛作」の発想を導入してみたら
  どうでしょうか?

  例えば、睡眠。睡眠学習という言葉があるように
  寝入るときに、セミナー学習を音声でするというのも○です。

  ずーっとなっていると安眠ができにくいので
  タイマーである期間で切れるようにしておくのがいいとおもいますが
  睡眠の際には記憶が整理されますから
  眠る直前にインプットしたことは頭に残りやすいのです。

  
  まるるちゃんが最近活用しているのはウォーキングの時間。

  運動のために歩いていますがタダ歩いているだけでは
  時間がもったいないですから、
  歩きながら、携帯音楽プレイヤーに入れた
  音声を聞きながら学習しています。

  だいたい1時間くらい歩いているので
  結構ちゃんと学習できるところがポイント♪

  固定費となっている時間も、自分の好きなこと
  成果を出すための材料としての時間に作り替えることが
  できれば、それはすでに「固定費」ではなくなってしまうのです。

  1つのフィールドで2つ以上のことをやろう!
  この発想は自分の自由なアイデアで実践できますから
  結構楽しいですよ~。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『事前準備でインプット』
  あなたがプロスポーツ選手だとしたら
  練習やトレーニングをせずに、試合に臨むことは
  考えられないと思いませんか?

  一般的に、トレーニングと仕事の費やす時間の割合は
  「4:1」と言われているそうで
  膨大なトレーニングの裏付けがあって始めて
  試合に臨むことができるのです。

  ところが・・・ビジネスパーソンに関する
  恐るべき統計の数値があります。

  それは、ビジネスパーソンにとってのトレーニングに
  当たると思われる「学習・研究」の時間が
  平均1日あたり、わずか10分程度であるということ。

  にもかかわらず、毎日10時間程度は仕事をしているという数値と
  比べてみると、トレーニングと仕事に費やす割合は
  「1:60」・・・・(汗)

  プロスポーツ選手と比べてみれば明らかなように
  絶対値として練習の量が足りないにもかかわらず
  試合に臨んでしまっているのです・・・。

  ただ、「ならばちょっとの取り組みですぐに抜け出せる」と
  考えることができれば・・
  やる気も湧いてくるというモノです。

  この事前準備の大切さはトレーニングだけではなく、
  人と会うときやミーティングの時にもいえます。

  まるるちゃんも経験があるのでお恥ずかしい限りなのですが
  ミーティングに何の準備もせずに臨んでしまい
  資料を見るのはその場が始めて・・・・。

  これではミーティングが単に自分のインプットの場に
  なってしまって、アウトプットという成果をなにも生み出せないで
  終わってしまう可能性が高いですよね?

  なぜなら、インプットしないでアウトプットできないという原則は
  もちろんのこと、参加しているメンバーや
  お会いする方との「共通言語」を持っていないからです。

  「共通言語」を持っているかどうかの有無は
  その成果を生み出す際に大きく影響してきます。

  であるからこそ、「レバレッジ・ミーティング」を提唱する
  本田さんは、参加者メンバーは事前に指定された本を読書したり
  リーダーからその本をまとめた「レバレッジメモ」を配布したりして
  「共通言語」をもてるようにしておくべきだとおっしゃいます。

  そのことによって、知的生産活動の効果が
  大きく変わってくるのですから、どんどん取り組んでいかないと
  いけないポイントですよね!

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『事前の準備をしてから動く』
                              
   その方が効果が高くなることをちゃんと認識しよう
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 「事前準備」の大切さ、わかってるよ!
 でも、やってみて始めてわかることってあるでしょ?

 はい。おっしゃるとおりです(笑)
 まるるちゃんにとってもそれはよくある話(爆)

 そして、よくあるのが
   ・現時点での忙しさ
   ・将来のレバレッジを見据えた行動
 この2つがバッティングしてしまうことです。

 このことをやっておくと、将来だいぶ楽になるのにな~
 ということがわかっていても
 現在の仕事や状況がそれを許さないくらい大変。

 で、この現況がルーチンワーク的に繰り返されてしまうものだったり
 すると・・いつまでたってもレバレッジを効かすことが
 できないまま続いてしまいます。

 すると・・・現状維持はそのまま「ジリ貧」につながりますから
 どんどん闇にはまっていってしまうのですね(泣)

 「じり貧」になってしまうことは、とっても怖いことですから
 その「恐怖」のエネルギーを使ってでも
 自分を「将来のレバレッジがきくための行動」に
 向かわせないといけないですね。。

 
 お金に関して言うと、現在の浪費よりも将来のための投資
 という気持ちがまるるちゃんには備わっているのですが
 #幼児体験のせいで(笑)
 行動に関しては・・・無駄にネットサーフィンしてしまうこともあり
 まだまだ。

 あらためて心したいと思います!

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術

関連記事:


 

成功哲学の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.