スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 成功哲学 > 成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 [by 水野俊哉 (著)]

成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 [by 水野俊哉 (著)]

2008-09-02
成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 (Kobunsha Paperbacks Business 20) 成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 (Kobunsha Paperbacks Business 20)
水野俊哉

光文社 2008-08-23
売り上げランキング : 2909
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2008/09/03

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『成功本はどうよもう?』

   読み方と使い方があります
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『読んだだけでは成功しない』   『数値化する』

 『ツキを味方にする』   『未来は変えられる』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『無駄に読まないための法則とは』
                              
   たくさん読んだからこそわかることがあります
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『行動を継続する必要がある』
 ▼『成功ノートって役に立つの?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『行動を継続する必要がある』
  本著は
    ・著者の水野さんが導き出した成功法則
    ・成功本51冊の解説
    ・著者の成功ノート(実績・経過)
  という形でまとめられています。

  成功本51冊のメインの部分は、全部をふれることができませんし
  わたしが【エンビジ】で紹介している本も
  結構かぶっているので略します(笑)
  #趣味が近いのはうれしいことです♪

  本著を取るときに興味がわいたのは
  たくさんの本を読んで、その結果何を導き出したのだろうか?
  ということです。

  書籍は著者の執筆が終わり、出版されると
  ある一つの完成した「形」となりますが
  読み手によって受け取る内容は様々。

  となると、たくさんの本を読んでいる水野さんが
  どんな思考を導き出したのか?というのは読書をするものとして
  とっても興味があるわけです。

  成功法則としてPart1で挙げられている内容には10個あり
  すべてうなずけることばかりなのですが
  大前提として
    成功するには、成功するために起こした行動を
    持続させる必要がある
  ということを忘れてはいけないと言うことを水野さんは
  おっしゃってます。

  少しくらい食べ過ぎても太らなかったり
  逆に急に絶食してもすぐにやせないように
  私たちの体、考え方などすべてにおいて
  短期間に結果がでることはほとんどありません。

  これは私が思っているのは、
    ・人間は飽きやすい=新規のものに興味を沸きやすい
    ・現状維持本能を持っている
  この2つが組み合わさって、なかなか継続して何かを
  行動していくことが難しいのではないかと思うのです。
  意識的にやろうとする行動においては。

  となると、自分が納得して、「無意識」に出来るレベルまで
  その行動を落とし込むことで初めて「継続」が見えてくるのでは
  ないでしょうか。

  ゼロからイチにレベルアップすることが最も大変なことです。
  1つの法則=方法論を身につけることができれば
  2つめに取りかかるときのエネルギーは最初ほどのしんどさは
  ありません。

  そう考えると、あれこれ目移りするのではなく
  1つの方法をぐっと身につけるところからはじめたいものです。

  どれがいいのか?
  それを探るために、味見をいろいろとするのは
  必要不可欠なことだと思いますけどね(笑)
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『成功ノートって役に立つの?』
  自分が達成したい目標を
  目標としてだけではなく、自分の未来における現実として書いておく
  という本著でも取り上げられている「未来日記」を書くという
  方法論をご存じの方も多いかもしれません。

  実際、書いてみると「恥ずかしい」なんて想いも沸いてくるかも
  しれませんが、誰に見せるものでもないので
  そんなことは気にすることはありません。

  日記やメルマガにその一部を公開してしまう
  人だっているのですから(笑)
  わたしもいくつか書いたりしていますね。

  そして、著者の水野さんの日記の一部が・・
  本著のPart3で公開されているのですが
  その未来の出来事が次から次へと現実になっていく様が
  描かれています。

  そういう話を聞くと「書いたら成功するの?」という
  短絡的な想いが沸いてくるのは、人間は楽したい生き物だから
  当然かもしれません。

  でも、書いたあとそれを信じ続けることと
  その方向に向かう行動を「継続」したことが
  うまくいくための必須条件ではないでしょうか。

  そのためには・・・本当にやりたいこと
  実現することとそこに向かっていくことに喜びを
  感じられることを「未来日記」に書かないと
  意味がありません。

  さもないと継続している過程が全く楽しくないものに
  なってしまいますからね。

  未来の日記を書く
  目標を立てる

  そのときに、それを実現していく「過程」が楽しめるかどうか
  自分に対して問いかけをしていきたいものです。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『継続は力なり』
                              
   あたりまえですが、なかなかできません。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 本著「「勝ち抜け」案内」には
  ○成功本50冊「勝ち抜け」案内
 ⌒a href=”http://amazon.co.jp/o/ASIN/4334934293/maruruchan-22/ref=nosim” target=”_blank”>http://amazon.co.jp/o/ASIN/4334934293/maruruchan-22/ref=nosim
 という前作があります。

 前作も興味深く拝読させていただきましたが
 そのときはタイミングもあってエンビジでは紹介することが
 できませんでした。

 そして、、今回さらにバージョンアップして
 冊数も増えて(笑)

 こういう書籍を読んでいると、選び抜いた著者の「眼力」
 というところが信頼できるかどうか?
 に読む価値を感じるかどうかがかかっています。

 弊誌【エンビジ】も書評という形で
 本を選んで紹介させていただいているので
 その気持ちがよくわかるのですが、この本がよいですと
 紹介して、公開すると言うことは
 自分にとっての価値を感じているからこそ、紹介するわけです。

 でも、それが周りからどう感じられるか?
 ということも同時に気にならないと言ったらウソになります。

 自分は自分ですから、価値を感じるならば公開することに
 躊躇はありませんが、人間は社会的動物ですから
 周りとの関係性はどうしてもでてきますからね。

 そんな中で商業出版の形で
 こうやって、自分の選んだ本を薦めていく水野さんは
 尊敬するなーと思っている、私でした(笑)

成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内
成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内

関連記事:


 

成功哲学の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <成功哲学版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.